株はどう儲けるか損をするのかは理解しておく必要がある

株は経験がないけど、最近の株価の動きを見ているとなんとなく株式投資デビューをしてみたい…。

このように考えて株式市場に飛び込もうと考える初心者の方が増えてきています。

たしかに株式投資は初心者でも、ある程度の準備さえ整っていれば、株式投資を始めることが出来ます。

ですが株を始める前には、やはりある程度の知識は持っていた方がいいのです。

いや持っておくべきなのです。

例えば株というのは、実際には企業が企業に対して出資・投資してくれた方に渡す株券のことであり、よく株で儲かった等と言いますが、これは配当が出たことや売買をした時に差額がプラスになることを指しています。

また株で儲かった等と言いますが、株式投資にはリスクもあり、大きく値を上げて儲ける時もあれば、逆に大きく値を下げて大きく損をしてしまうこともあります。

株式投資は大きく分けてこの流れに乗って取引をすることで、こういった仕組みを最低限理解しておかなければならないのです。